アルコールって卵子によくないの?

アルコールって卵子によくないの?

アルコールって卵子によくありません。

アルコールが好きな人は、沢山いると思います。

毎日沢山飲んでる人もいると思います。

実はそれ、よくないんです。

卵子にもよくありませんし、勿論のこと体にもよくありません。

アルコールを摂ることで、活性酸素が発生します。

活性酸素って皆さんもご存知だと思いますが、活性酸素が発生すると、老化に繋がります。

そのため、卵子は老化してしまうのです。

年齢と共に卵子は老化しますが、活性酸素が発生することで、老化が進みます。

卵子の質が落ちてしまうということです。

卵子が老化するにつれ、妊娠しにくくなったりします。

ですので、アルコールはほどほどにするようにしましょう。

また、タバコもストレスも同様に活性酸素を発生させてしまうので、気をつけましょう。

もし、活性酸素が気になるのであれば、体を温めたり、栄養バランスのよい食事を摂るといいでしょう。

ちなみにルイボスティーは、活性酸素を除去する働きがあるのでおすすめです。

関連記事



TOP PAGE